僕のほどよい生活

社畜という名の企業戦士から、まったり団体職員に転職した僕が自分の生活を見つめ直すブログ

僕の一生モノリスト(1)【Gショック】

スポンサーリンク

断捨離を進めていく中で見つめ直した、僕の持ち物達。 

これは一生使う!壊れたらまた買う!というお気に入りなモノを紹介するコーナー。 
 第一弾はこちら。
 
 「G-SHOCK タフソーラー 電波時計MULTIBAND 6 GW-M5610BC-1JF」
 

 

f:id:sinsimakoto:20160104221842j:plain f:id:sinsimakoto:20160104221920j:plain f:id:sinsimakoto:20160104221941j:plain 

 休日はほぼコイツを着けています。 
 
 このGショックを買う前から、もともとGショックの5600系、所謂スピードモデルを着けていました。 
 
以前から世の中にはGショックなんてお子様よね!」といった風潮が蔓延しているのは分かっていましたが、それでも自分はカッコイイと思っていたし、キズや汚れを気にせずゴリゴリ使える気楽さが好きでした。 
他所の誰が何と思おうと、そんなの関係ねぇ!
 
 しかし2、3年前、妻から「もう直ぐ30だし、そろそろGショックは卒業したら?」的なことを暗に言われました。 
 
 は?何という事だ。 
もしかして妻はずっと僕のGショックを気にしていたのだろうか? 
もしかしてこんなGショック野郎と一緒に歩くのは恥ずかしかったのだろうか? 
 
 僕は直ぐに買い替えを決意しました。
 僕は妻が大好きなのです。 
 
 しかしやはりGショックも好きだ…。 
仕事中は自分で言うが中々の高級時計を着けている僕の左腕は、何かにぶつからないか、傷は付かないか、常に第一種警戒態勢なのだ。 
休日くらい左腕を休ませてやりたい…。 
ガンガンぶつけたい…。
 妻への愛とGショックへの愛との狭間で揺れ動く僕。 
 
 そんな時に出会ったのがこのG-SHOCK タフソーラー 電波時計MULTIBAND 6 GW-M5610BC-1JF」なのです。
 
 以前着けていたものと同じ、伝統的な5600シリーズを受け継いだシンプルなスクエア型。 反転液晶を採用してあり全体をモノトーンでまとめ、非常にシックな印象。
大人である。 
 
 特筆すべきはメタルコアバンド。
 
 Gショックがおもちゃっぽく見られるのって、ウレタンベルトのゴムっぽさも大きな原因だと思うんですよ。 
 
 でもこのメタルコアバンドは違います。 これだけですごく大人っぽく見えるし、軽くて丈夫で冷たくない。着け心地も抜群。 
「このGショックはメタルバンドだし、これは大人でしょ」と免罪符のように思わせてくれるのです。
 
 電波ソーラーなので基本電池切れの心配もなくメンテナンスフリー。旅行やキャンプはもちろん、世界中どこへでも安心して着けていけます。 
 
大人のGショック、これっきゃない。
 
 「腕時計買い替えたんだ!」と妻に報告したとき、妻は「ふふふ」と笑い、何も言いませんでした。 
 
これはもうOKということでしょう!! 
 
このGショックが一生の相棒になった瞬間でした。
 
 Gショック着けたいけどいい歳して微妙かな?と思っている方は是非このモデルを試してみて下さい。 きっとシックリくると思います。