読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のほどよい生活

社畜という名の企業戦士から、まったり団体職員に転職した僕が自分の生活を見つめ直すブログ

続・スチールラックを導入した話【キッチン編】

スポンサーリンク

先週、物入にスチールラックを導入してご満悦だった僕。


 
実はその翌日、追加でもう一台スチールラックを注文していたのでした。
 
設置場所はキッチン
 
毎日仕事から帰ってきてから疲れた体で夕食を作ってくれる妻が、少しでも快適で楽しい気持ちになってくれたらなぁと思い、ずっと考えていたことでした。
 
綺麗でかわいいスチールラックにしてやるからな。
いっちょやってみっか!!

 

で…
 
f:id:sinsimakoto:20160213145219j:image
 
できたぜ…。
 
2回目ともなると慣れたもので、今日は前回の半分の時間で完成しました!
 
全景はこんな感じ。
 
f:id:sinsimakoto:20160213145504j:image
 
幅もピッタリ、高さも冷蔵庫と合っていて丁度いい感じです。
 
f:id:sinsimakoto:20160213145626j:image
 
上はよく使いそうな調理器具と食洗機用の洗剤。
下は調味料とお茶類です。
瓶は全部100円ショップのセリアで調達。
 
※ご質問を頂いたので追記
瓶に貼ってるシールはこちら。

 

 

 

[N2 home] はってはがせる!ブラックボードシール 約5.5 x 9cm 24枚セット [水ぶきタイプ ホワイトボードマーカー付き] / ラベル / ステッカー / デカール / オフィス

[N2 home] はってはがせる!ブラックボードシール 約5.5 x 9cm 24枚セット [水ぶきタイプ ホワイトボードマーカー付き] / ラベル / ステッカー / デカール / オフィス

 
貼って剥がせるタイプです。
付属のマーカーで書くと水拭きで簡単に消せるんですけど、料理中濡れた手で触るとすぐに霞んじゃうから、キッチン用具に使うなら普通の白マッキーで書いた方がいいかもしれません。
 
f:id:sinsimakoto:20160213145840j:image

その下のカゴはいわゆる何でもボックスとして用意しました。
妻は正直あまり整理整頓が得意ではないです…。
(そこもまたかわいいんだけど。)
ならばいっそこのカゴに全部ぶち込んでもらった方がいいかなと。
木製のバスケットにするか迷ったけど、それだと全体的に甘々な感じに寄りすぎるかなと思ったのと、多少のシャビー感が欲しかったのでざっくりとしたワイヤーバスケットに布を合わせました。
布は汚れても得意の漂白剤で洗えるしね。
これは1000円くらい。
 
最大の特徴はコレ!
 
f:id:sinsimakoto:20160213151214j:image
 
ねこ's Kitchen(ドヤッ
 
僕は奥さんのことを愛情を込めてねこちゃん!と呼んでいるのです。
(僕は31歳の成人男性ですが引かないで下さい)
ねこの絵も僕の手書きイラストです。
ふふん。
 
f:id:sinsimakoto:20160213151708j:image
 
その下。
300円ショップのカゴに無印良品の落ちワタふきんを縫い付けてます。
開けると生活感丸出し。
右側も同じく300円ショップのカゴにワインが入ってます。
 
最後はゴミ箱。
 
f:id:sinsimakoto:20160213152049j:image
 
これは今回新しく買いました。
コレ。
幅もピッタリ。
 
スチールラックの一番下の部分は別売りのコの字パーツで補強してますよ。
f:id:sinsimakoto:20160213152249j:image
 
 
ウチのカウンターキッチンは開口部が広いタイプなので、リビングからキッチンがけっこう丸見えなんです。
 
いくらリビングを綺麗にしていても、キッチンの見える部分がゴチャゴチャしてたら台無しなんですよね。
 
今回その問題もかなり解消されました。
 
f:id:sinsimakoto:20160213152541j:image
 
うーん、スッキリ。
 
本当は、個人的にはキッチンも道具は全部収納して、何も目に付かないミニマルな状態にしたいという気持ちがあります。
 
ですが夫婦2人で住んでいるこの部屋、全部自分の希望を通すのも違うと思います。
 
妻は本来ピンクとか赤とかカワイイ色が好きなので、リビングだって本当はもっと色々なモノを飾りたいという気持ちがあるんだと思います。
それでも僕好みの小ざっぱりしたリビングに何の文句も言わないでいてくれることが本当にありがたいです。
 
今回はそういった感謝の気持ちも込めて、自分なりにシンプルカワイイキッチンを目指したつもりです。
 
キッチンがきれいになったことよりも、今回奥さんがすごく喜んでくれたのが嬉しかったな。