僕のほどよい生活

社畜という名の企業戦士から、まったり団体職員に転職した僕が自分の生活を見つめ直すブログ

【ドラマ化】東京タラレバ娘を観て優越感に浸ってもいいじゃない

スポンサーリンク

【東京タラレバ娘】のドラマが先日から始まりましたね!かく言う僕も原作の漫画は全巻読んでいるのでドラマも観ています。

東京タラレバ娘(1) (Kissコミックス)

最近、こういう独身アラサー女性を主人公にした漫画が多いですよねぇ。マキヒロチ先生の『いつかティファニーで朝食を』とか鳥飼茜先生の『おんなのいえ』『地獄のガールフレンド』あたりもそうなるかな。

 

 

何がそんなにウケてるの?

いや、全巻読んでる僕が言うのもなんだけどさ、この漫画の何がそんなにウケているんだろう。

【アラサー女性の心にグサッとくる名言が話題!】とかって言うよね。でもさ、「この台詞キツイわぁ~!グサッとくるわぁ~!」と言いながら内心は多くの人が(ま、こういう人達に比べたら私は全然マシだけどね)と心のどっかで思っているから楽しんで読めるんだよねきっと。

(自分はまだ20代だし)(自分は一応彼氏いるし)(自分は結婚してるし)(自分はもっと人生うまくやれる(ハズ)だし)

こうはなりたくないなぁって上から見てちょっとした優越感に浸って楽しんでいる人が多いのかなぁって。

ハッキリ言って僕はそうですよ。

すげぇ嫌な奴と思うけど、この漫画読んでても「アラアラ、33にもなって大変ですなぁ。がんばって。フフ」って感じだもの。

で、すごく好きなシーンがこちら。
f:id:sinsimakoto:20170124012131j:image
f:id:sinsimakoto:20170124012159j:image
f:id:sinsimakoto:20170124012232j:image

まさに「アハハ そりゃいいや」って感じ。ああ~、いるなぁこういう人達。まぁいいんじゃないすか。その人の人生だもん、好きにするのがいいと思いますよ。

って上から見てくだらない優越感に浸ってる。自分も大したことないのにね。あ、改めて書くと僕すげぇ嫌な奴だな。

 

でも…優越感に浸ってもいいじゃない

”~よりマシ”ってあまりいい使われ方しないですよね。2巻にこんな台詞があるんですよ。

何かあっただけマシ
何もないほうがマシ
誰からも相手にされないよりはマシ
一晩の過ちの相手がイケメンだっただけマシ
あの女より顔もスタイルもマシ
やりたい仕事でメシ食えてるだけマシ
もう33歳だけど40オーバーの独身女よりは 全然マシ
でも
いくら「マシ」を数えたって

私の人生全然幸せじゃない

確かに「幸せ」ではないかもしれないけど、時には"下と比べる"というのは精神安定上必要なことだと思うわけです。

仕事していてもよく言われるでしょ、「下と比べるな!上を見ろ!上を目指せ!お前より優秀な奴はゴマンといるぞ!!」ってさ。

あのねぇ、成長の為には必要なことかもしれないけど、そんな上と比べてばかりいたら疲れちゃうし追い込まれちゃうし、心が辛いのよ。

あぁ、辛えぇ…って思ったときは下を見なさいよ。あんたよりヒドい奴なんてゴマンといるよ。あんたなんて、まだまだマシ、ってね。

 

現実はなかなかに厳しいものね。前向きな考え方ではないかもしないけど、タラレバ娘を読んで「自分はまだマシかぁ」と少しでも心が安心できるなら、それはそれでいいと思うんですよね。