僕のほどよい生活

社畜という名の企業戦士から、まったり団体職員に転職した僕が自分の生活を見つめ直すブログ

【旅行記録】GWにタイに行ってきたよ(1)

スポンサーリンク

前回、前々回と「登山したいでーす!」と言っておきながらアレだけど、このGWはタイに旅行に行ってきました。

去年の9月に台湾に行って以来、久し振りの旅行でリフレッシュできました!

 

 

1日目

成田空港を朝の9時に出て、香港にて乗り継いでバンコクに着いたのが16時半くらい。ホテルに着いた頃にはもういい時間になってました。

朝早かったし長旅で疲れたし、その日は飯食って早く寝ようと言うことで向かったのがホテルから徒歩数分のところにある【アジアティーク】。2012年にオープンしたばかりの綺麗なナイトマーケットだ。
f:id:sinsimakoto:20170508211348j:image

観覧車もあったりして、観光客が非常に多い。清潔感もあって安心。スリは多いみたいだけどね。
f:id:sinsimakoto:20170508211549j:image

クソ暑い中、オープンテラスでトンヤムクンスープを食べる僕たち。暑い…。
f:id:sinsimakoto:20170508211712j:image

その後は有名なマンゴー専門スイーツ店【マンゴー・タンゴ】で舌と体を冷やす。マンゴープリンが特にうまかった。
f:id:sinsimakoto:20170508211953j:image

そんなこんなで1日目は早めに就寝。

 

2日目

朝ゆっくりと起きて向かったのはバンコクの定番観光スポットである三大寺院。

ホテル近くの船着き場からボートで向かいます。
f:id:sinsimakoto:20170508212334j:image

風が気持ちいいぜ!

 

最初に向かったのは【ワット・アルン】。バンコクに王朝を開いたタクシン王ゆかりの寺院だ。
f:id:sinsimakoto:20170508212544j:image

ラマ二世の遺骨を納める本堂。
f:id:sinsimakoto:20170508212744j:image

本堂の中では僧侶の方がなんかホニャララ言いながらお祓い(?)をしてくれて、パッパッと水を掛けられ腕に紐を巻いてくれた。
f:id:sinsimakoto:20170508213026j:image

腕が細くてすまねぇ…。

 

さて、次は渡し船で川を渡って【ワット・ポー】へ。ここも有名だね、でっかい釈迦仏が横たわってるやつ。
f:id:sinsimakoto:20170508213343j:image

こいつな。

ていうか、とにかく暑い。この辺りからすでに妻はへばってきている。

 

さて次は【ワット・プラケオ】。本堂をはじめ仏舎利を納める仏塔など、見応え満点。有名な翡翠でできたエメラルド仏があるのもここ。
f:id:sinsimakoto:20170508214250j:image


f:id:sinsimakoto:20170508214320j:image


f:id:sinsimakoto:20170508214351j:image

すごい、じっくり見たいけど暑い。妻はここで完全にダウン。遅めの昼食で涼をとり英気を養って次の目的地へ。

 

船と電車を乗り継いでやってきたのは流行発信地【サイアム】。東京でいう渋谷のような若者の街だ。

イケてるショッピングセンターサイアム・パラゴン。超都会。
f:id:sinsimakoto:20170508215022j:image

面白いのが、街中にパワースポットが点在しているというところ。嫁さんはこれがお目当てだったみたい。
f:id:sinsimakoto:20170508215248j:image


f:id:sinsimakoto:20170508215307j:image


f:id:sinsimakoto:20170508215327j:image

なんでもかんでもパワースポットパワースポット言う日本に比べれば、仏像があったりしてちゃんとパワーありそうな雰囲気。

 

夜ご飯は近くのラグジュアリーデパートセントラル・エンバシー内にあるモダンなフードコート【イータイ】で。

さすが、高級感と清潔感があるフードコートですごく良かった。
f:id:sinsimakoto:20170508215759j:image


f:id:sinsimakoto:20170508215830j:image

他にも色々食べてちょっと食い過ぎた。

 

バンコク編終了!

ほんとは水上マーケットとかも回りたかったけど、バンコクはこれにて終了。明日は朝から飛行機でタイの北部、チェンライへ飛ぶのだ。

そう、子供の頃から一度お目にかかりたいと思っていた彼等に会うために…。