僕のほどよい生活

社畜という名の企業戦士から、まったり団体職員に転職した僕が自分の生活を見つめ直すブログ

日本一予約が難しいヘッドスパ【悟空のきもち】に行ってきたよ

スポンサーリンク

今や「日本一予約が難しい店」として話題のヘッドスパ【悟空のきもち】。予約ページは3ヶ月先まですべて一杯、キャンセル待ちは4店舗合計で33万人…。

こんなん無理ゲーやん…と半ば諦めていましたが、この度なんとか潜り込むことができました!

 

 

けっこう出る予約キャンセル


f:id:sinsimakoto:20181006100812j:image

この【悟空のきもち】、予約していても前日までにキャンセルすれば特にペナルティはない仕様(ちなみに当日キャンセルしてもキャンセル料は発生しないが、悪質客とみなされるのか以降予約を受けてくれなくなるらしい)。

そのせいか、奇跡的に予約可能な日があったらとりあえず予約しておいて、予定が合わせられなかった場合は直前にキャンセルする輩が多いみたい。夜の22時移行になってくると、ポツポツと翌日のスケジュールに空きが出るケースが出てくる。このタイミングを狙う…!

予約画面のリロードを繰り返していると…出た!翌日の空き!すぐに申し込む!しかし失敗。予約フォームを入力している間に先を越されてしまったようだ…。

気を取り直してまた予約画面のリロードを繰り返す。…と、出た!翌日の空き!うおおおお!!いっけぇええええ!!

……成功だ!予約取ったぞ~~!!

 

いざ悟空!

やってきましたのは【悟空のきもち 原宿神宮店】


f:id:sinsimakoto:20181006102623j:image

ひゃ~!オラわくわくすんなぁ~!!いっちょやってみっか!

中に入ってまず目に入ったのはこのDr.ウイローみたいな脳みそ。


f:id:sinsimakoto:20181006103018j:image

圧倒的テーマパーク感。

奥のカウンター上部には大きめのモニターがあって、博士っぽいおじさんがこれから皆様を絶頂睡眠にご案内します!》とかって言ってるの。あれじゃん、ディズニーランドのアトラクションの入口でやるやつじゃん。リラックスどころか興奮してきちゃったよ。

で、今回施術してくれるお姉さんから簡単な説明を受けて、料金を前払い。

それにしても…お姉さん、めちゃくちゃ可愛い。

20台前半だろうか、人当たりもいいしまだちょっと垢抜けない感じがこれまた良き。

オラ…わくわくすっぞ!!

 

いざマッサージへ!

料金の支払いが終わるとエレベーターで上階へ。マッサージエリアもまたテーマパーク感がすごい!


f:id:sinsimakoto:20181006104253j:image

すべて個室になっていて、この中でマッサージを受ける。ヒーリングミュージックが流れているけど、話声などは聞こえずとても静かだ。

ブース内でのお姉さんとヒソヒソ声で話をするんだけど、これがまたドキドキするのだ!

(じゃぁ…ここに足を乗せてくださいね…)ヒソ…ヒソ…(わかりました…)ヒソ…ヒソ…(力加減はどうですか…)ヒソ…ヒソ…(ちょうどいいですぅ…)ヒソ…ヒソ…

別に何も悪いことはしていないのに、狭い室内でのヒソヒソ話っていうのは何故こんなにドキドキするんだ!!

うおおおお!!煩悩を脱ぎ捨てやがれ!リラックスと快眠を求めてきているんだ俺は!!

(鎮まりたまえ…鎮まりたまえ…)と心の中で念じているとマッサージが始まった。まずは脚を軽くマッサージ。臭くないか気になる。

続いて肩から腕。そして手の平まで丁寧に揉んでくれる。

うわぁああああ!こんな可愛い子が俺の手をニギニギしてくれてるうぅぅぅう!!

もはやリラックスどころの話ではないのだ!逆にアドレナリンやらドーパミンやらそのあたりの物質がドバドバ出ていそうだ!なんてこった…まるでウブなネンネちゃんだ。一回りは歳の離れていそうな娘にいいように転がされている…。悔しい…!でも…!

以前メキシコのカンクンでマッサージを受けたときはフルチンで現地のオバチャンに肛門近くまで撫で回されたが、あの時は恐怖でしかなかった…。しかし可愛い女の子の場合はどうだ?手の平をモミモミされただけでこのザマである。

 

なかなか眠れない…

そんなザマだから、当然寝付けない。「眠りのジェットコースター」「失神するように寝落ちする」なんて言われている悟空のきもちだが、そんなテクニックも童貞のようにドキドキしている俺には通用しない。

正直、マッサージとしては特別上手いというようには感じなかった。頭、顔、デコルテ、首の付け根と、マッサージの手法自体はそれほど多くはなく、同じパターンを繰り返している感じ。

マッサージ終盤、ようやくウトウトとし始めたところで時間が来てしまった。絶頂睡眠を体験することはできなかったが、心は満ち足りていた。かわいいは正義なのだ。

 

予約の仕組み

施術後はまた一階まで降りて休憩室?みたいな場所に。


f:id:sinsimakoto:20181006112903j:image

ここでボサボサになった髪などを整えていけるわけだ。

と、ここでアンケートの記入をお願いされる。僕はもちろん全項目「大満足」をマーク。で、アンケートの下部にはこんな案内が。


f:id:sinsimakoto:20181006113208j:image

つまり、悟空のきもちではもともとリピーターのための予約枠を一見さんとは別に予め確保しているのだ。店備え付けのiPadから専用パスワードを使って予約画面に進むと、一般の予約画面ではすべて満席になっていたはずの月でも予約可能な日程がたくさん出てくる。リピーターの予約を優先的に受け付けて、それで埋まらなかった日程を一見客にキャンセル枠として解放しているってわけだ。

うーん、難しい。正直、一回体験できれば十分という感じでもあるが、この機を逃すとまたあの予約争奪戦をする羽目になるのかと思うとここで予約しないのは勿体ない気になってくるから不思議だ。

でも、結局次回の予約はしなかった。料金は60分で6,200円。これなら行きつけの整体院で4,500円で全身をボキボキバキバキしてもらったほうがスッキリするし視界もクリアになるのだ。

でも…お姉さんはかわいかったなぁ…。整体院のおっさんはゴリラみたいだからなぁ…。